四大地金魚のすべて

池でも水槽でも楽しめる! 四大地金魚のすべて

日本各地に根付いた地金魚の中でも、特に三大地金として数えられる高知の土佐金、愛知の地金(ロクリン)、島根のナンキンに加え、謎の多い大阪らんちゅうを加えた4品種をクローズアップしご紹介します。

それぞれの品種ごとの来歴、理想的な形質、季節ごとの管理方法なや繁殖の実際、品評会について、さらには調色方法まで、美しいカラー写真と共に詳しく解説、まとまった情報の少ない、これらの金魚についてかつて無い内容でお届けする1冊です。

定価:本体1,800円+税
2009年6月25日発売
ISBN:978-4-89512-558-1
A5判/128ページ
川田 洋之助・著
目次
◆土佐錦魚の章(来歴
◆理想的な形質 ほか)
◆品評会の意義とあり方(土佐錦魚品評会レポート
◆飼育について ほか)
◆地金、ロクリンの章(来歴
◆各形質の解説 ほか)
◆ナンキンの章(来歴
◆各形質の解説 ほか)
◆大阪らんちうの章(来歴なぜ絶滅したか? ほか)
著者略歴
川田 洋之助(かわだ ようのすけ)

1952年東京生まれ。金魚銀座 座主(CEO)。素人金魚名人戦代表。日本インターネット金魚愛好会副会長。日本観賞魚振興事業協同組合委託審査員。金魚飼育歴40年。著書に『カラーガイド 金魚のすべて』(共著・エムピージェー)、『らんちうのすべて』(エムピージェー)、『新らんちうのすべて』(エムピージェー)などがある。

購入する
※この商品は書店での購入は出来ません。お近くの専門店などでご購入ください。

Amazon

「金魚・メダカ 他」書籍一覧