新訂版 タナゴのすべて

婚姻色の美しさや、二枚貝に産卵するという生態の面白さなどから、日本産淡水魚類の中でも人気の高いタナゴの仲間。古くは江戸時代から釣りの対象としても楽しまれており、日本人には特に馴染み深い魚です。
本書では、日本や海外に生息しているタナゴ・カタログのほか、釣りや飼育・繁殖方法についても、基本から上級者向きのテクニックまでを詳しく解説。さらに、タナゴの生物学や、飼育する際の水槽レイアウト例、タナゴの産卵床となる二枚貝カタログなど、タナゴにまつわるすべてを網羅。他に類を見ないタナゴバイブルが新訂版として登場!

目次
・序文
・タナゴの魅力と楽しみ方
・日本産タナゴ・カタログ
・外国産タナゴ・カタログ
・タナゴの仲間の交雑
・タナゴの採集を楽しもう~網採集・タナゴ釣り~
・タナゴ釣りの道具
・採集地でのキープと持ち帰り方
・タナゴ飼育水槽レイアウト例
・水槽セッティングの手順
・水槽内を演出するグッズ紹介~バックスクリーン・底砂・流木・石~
・タナゴの餌
・水槽コケ対策
・飼育前のトリートメント
・タナゴの病気
・タナゴと混泳飼育が楽しめる魚たち
・タナゴ飼育に適した水草カタログ
・繁殖を楽しもう
・タナゴの産卵床となる二枚貝カタログ
・タナゴ道楽
・タナゴ料理
・タナゴ各部の名称
・二枚貝・各部の名称
・タナゴの仲間の“特徴とその不思議”~その生物学~
・世界のタナゴの分布
・二枚貝とは何か?
・網と仕掛けによる採集方法
・タナゴ釣り
・採集したタナゴの輸送方法
・タナゴ飼育に必要な器具
・タナゴの飼育と繁殖
・タナゴの現状と保護活動
 

●著者略歴:
赤井 裕(あかい ゆたか)
1963年生まれ。東京在住。株式会社広瀬嘱託専門員。日本生態系協会客員研究員。元株式会社広瀬取締役。自然環境の保全再生に長く携わり、日本及びアジアの水環境・水生生物に特に詳しい。アクアリウム分野の技術解説にも定評があり、関連著書・執筆記事多数。主な著書に、『都市の中に生きた水辺を』、『タナゴのすべて』、『タナゴ大全』、『環境教育がわかる事典』(いずれも共著)などがある。秋山信彦(あきやま のぶひこ)
1961年生まれ。静岡県在住。博士(水産学)。東海大学海洋学部水産学科教授。東海大学大学院海洋学研究科海洋資源学専攻修了。大学では水族繁殖学、水産餌科・栄養学、魚族初期育成学持論を教えている。趣味は昆虫(蝶)採集、魚は仕事?現在、横浜市ミヤコタナゴ保護調査委員会の委員として、横浜のミヤコタナゴ生息地復元事業に参加している。また、横浜市産のミヤコタナゴを継代飼育し、2004年現在22~25世代の合計12000個体を保護育成中。主な著書『川魚入門 採集と飼育』(マリン企画)、『川魚完全飼育ガイド』(共著:マリン企画)、『しずおか自然図鑑』(共著:静岡新聞社)、『新版・駿河湾の自然、東海大学海洋学部編』(共著:静岡新聞社)、『池や小川の生きもの』(講談社)などがある。

鈴木伸洋(すずき のぶひろ)
1954年生まれ。農学博士。日本大学大学院農学研究科水産学専攻博士後期課程修了。鹿島建設技術研究所研究員、農林水産省水産庁研究所研究室長、東海大学海洋学部を経て、現在は国立研究開発法人水産研究・教育機構フェロー。静岡県在住だが、週末は自然豊かな三重県の伊勢で過ごすのが楽しみ。国立科学博物館で、淡水魚の分類では草分けであった故中村守純博士の下でフナ類の交雑に関する研究で卒業研究を行ったのが淡水魚研究の動機となり、博士論文では「タナゴ類の初期発育史ならびに系統的形質に関する研究」がテーマになった。以来、タナゴの仲間とは約20年来の付き合いとなるが、学生当時からタナゴの仲間は人間社会との共生の象徴的生物であった。「まだまだ分からないことだらけのタナゴの仲間ですが、読者がこの本を動機にタナゴ類について興味を持った頂ければ幸いです。」

増田 修(ますだ おさむ)
1963年生まれ。兵庫県在住。出身地は、兵庫県の日本海側に位置する美方郡浜坂町。幼少の頃より生き物好きで、飯も食べずに魚採りや虫採りに夢中になっていた。1982年に東海大学海洋学部水産学科に入学し、在学中に魚や貝の採集に日本各地を走りまわり、今なお陸貝や淡水貝類の採集は続いている。姫路市立水族館に勤務し、当初から希少淡水魚の増殖に努めてきた。趣味は夏から秋のアユ釣りやイカ釣りの釣行、晩秋から初夏のマダイやメバル釣りと魚料理。風蘭などの東洋ランや多肉植物の栽培、生物の写真撮影など。主な著書『日本淡水貝類図鑑②汽水域を含む全国の淡水貝類』(共著:Pisces)、『兵庫の川の生き物図鑑』(分担執筆:兵庫陸水生物研究会)、『田んぼの生きものたち タニシ』(農山漁村文化協会)、『改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物―レッドデータブック<6> 陸・淡水産貝類』(分担執筆:自然環境研究センター)、『兵庫の貴重な自然 兵庫版レッドデータブック 貝類・その他無脊椎動物』(分担執筆:ひょうご環境創造協会)、『姫路の地魚食彩図鑑』(姫路市水産漁港課)などがある。

購入する
定価:本体1,900円+税
2020年10月20日発売
ISBN:978-4-909701-43-5
A5判/160ページ・Amazon

「釣り・採集-他」書籍一覧