エムピージェー > よくあるお悩み > 海水魚 アンサー

海水魚 一問一答

海水魚

Q 小型ヤッコを複数飼育したいと考えています。混泳のコツはありますか?
A

残念ながら“絶対に大丈夫”という方法はありませんが、まずはできるだけ同じサイズの小型ヤッコを揃えるようにしましょう。また、体色模様が似通った種でなければ比較的小競り合いは少ないです。

Q

プロテインスキマーって何ですか?

A 泡の力で、海水中からタンパク質などを取り除く器具です。残餌やフンなどのタンパク質は有害なアンモニアに変化し、このアンモニア濃度が高いと水槽内の生物は死んでしまいます。そのため水槽飼育では、アンモニアをより無害なものに変化させるか、アンモニアになる前にタンパク質を取り除いてしまう必要があります。この後者の役割を担っているのがプロテインスキマーです。

Q

今度サンゴ水槽にカルシウムリアクターを付けてみようかと考えています。カルシウムリアクターの設置に何か必要な物はあるでしょうか?

A

カルシウムリアクターを稼働させるためにはCO2ボンベ及びCO2レギュレーターが必要です。機種にもよりますが、ポンプが別途必要な場合もあります。また、CO2を微調整するためのスピードコントローラーもあると便利でしょう。

Q

カクレクマノミの水槽にイソギンチャクを入れたいと思います。ただ、イソギンチャクも種類がいろいろあって、どれを入れていいのかわかりません。

A

カクレクマノミはハタゴイソギンチャクやセンジュイソギンチャクと共生しやすいです。クマノミの仲間はそれぞれ共生しやすいイソギンチャクがいるので、その種類にあったイソギンチャクを選ぶようにしましょう。

Q

チョウチョウウオが餌を食べてくれません。

A 個体差にもよりますが、アサリを使用して餌付ける方法があります。アサリは嗜好性が高く、多くのチョウチョウウオが食べてくれます。初めは生のアサリに餌付け、その後アサリに人工飼料を混ぜ、人工飼料の味を覚えさせていく方法です。

Q

魚が白点病にかかってしまいました。どうしたらいいでしょうか?

A

水槽に収容しているのが魚だけの場合は、市販の治療薬や銅イオンを使用するのが一般的です。サンゴやエビなどの無脊椎動物も水槽にいる場合は、これらの銅イオンは使用できないため、魚だけ水槽から取り出して治療する必要があります。いずれにしても、早期治療が肝要です。