エムピージェー > 書籍 植物・園芸 > 雪割草の世界

書籍>植物・園芸>雪割草の世界

 
 

 

 

 

 

  •  
 
 
 

雪割草の世界

 

定価[1,800円+税]

2009年7月27日発売

ISBN:978-4-904837-06-1

A5判/120ページ

 
大野好弘・写真/著
 

雪割草は早春、東北・北陸地方では呼び名の通り雪解けと共に開花し春の訪れを告げます。その可憐な花はその形、花びらの模様と様々な色合いと、さらにこれらの組み合わせで、非常に多くのバリエーションがあり、愛好家達を楽しませています。
本書では、カラー写真で花弁(花びら)の枚数・形状、雄しべ・雌しべの形状などが様々な変化と、その組み合わせによる多様な花の形の紹介・解説。さらに花びらの模様パターンと、その組み合わせによる多様な花びらの模様の紹介・解説。そして、日常の管理、年間を通しての管理方法、株分けや実生での増殖方法、さらには雪割草の交配による新しい花の作出のヒントや実際の交配方法など雪割草の全てを紹介しています。

 
[目次]
第1章 雪割草の種類
第2章 花の形
第3章 花びら(花弁)の模様
第4章 花の色について
第5章 花のいろいろ
第6章 雪割草の育て方
第7章 雪割草の殖やし方
第8章 雪割草からのメッセージ
第9章 雪割草の住まい
第10章 雪割草にまつわるQ&A
 

 

[著者略歴]

 

大野好弘(おおの よしひろ)
1973年神奈川県に生まれる。1994年東京バイオテクノロジー専門学校植物バイオテクノロジー学科卒業。雪割草の育種研究のかたわら陰日性サンゴの研究も行ない、増殖、長期飼育法を見いだす。NHK趣味の園芸フェスティバルの受付カウンターディスプレイや展示ディスプレイに携わる。また和のテイストを取り入れた山野草の寄せ植え教室や、個展を開く。一方、サンゴ関係でも、六本木ヒルズでのスカイアクアリウム2、3でアーティスト部門に出展。新江ノ島水族館にて環境水槽のライティングのプロデュースや、専門学校の講師としても活動。